teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:24/193 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平成26年度の年金額 (回答)

 投稿者:Tome  投稿日:2014年 7月31日(木)21時54分6秒
  通報 返信・引用
   再評価率表の改定のルールを決めるための平均的という話でいえば、昭和13年4月2日以降生まれの人は、本来水準の方が高そうなので、0.2%のマクロスライドがかかり、結局はほぼ同額となるはず。
 ただし、実際の年金額は、再評価率表を使って個人ごとに計算するので、人によって(どの時期にどれくらい加入期間があって、そのときの報酬月額は・・・によって)本来水準の方が高かったり、まだスライド特例水準の方が高かったりすると思われます。(その場合でも、差はわずかでしょう)
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/193 《前のページ | 次のページ》
/193